ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

トランクルームとは、個人や法人等の企業の物を収納保管する、貸し倉庫の事です。個人としては、季節毎で使わない衣類や、ゴルフや釣り道具といった趣味やレジャー用品の収納といった目的で使われます。レンタルルームは、倉庫業法に基づいて運営されているケースと賃貸借契約に基づいて運営されているケースと2種類あります。前者の倉庫業法に基づいて運営されている場合は、収納物の管理責任は、倉庫のレンタル業者にあります。また、後者の賃貸借契約に基づいている場合は、トランクルームの利用者に管理責任があります。利用客は企業や裕福な個人客が多かったのですが、最近は、一般層の利用者も増えてきており、利用者の大半の割合を占めるようになってきています。一般の利用者により多く利用してもらおうと、各社は、積極的に、住宅街近くに倉庫を構えるようになってきています。その為、自宅から車で数十分で倉庫があるといった、理想的な使い方をされる方も増えてきており、利便性は、さらに高まっています。そんなトランクルームですが、相模原にも多くあり、どの会社で借りたら良いか迷われている方も多いです。各社で設定料金やサービス内容が違っているので、自分にあった倉庫会社はどこなのか見つける必要があります。そこで、おすすめなのが、インターネットサイトにある、レンタル倉庫比較サイトです。サイトでは、料金比較が分かり易く書かれており、格安な会社が見つかるのでお勧めです。

トランクルームの使い方

トランクルームの使い方として多いのが、衣類や布団類の保管です。夏物の衣類や布団類は、冬に使うことが無く、逆に、冬物の衣類は、夏に使うことが無いです。そういった、季節毎で不要になるものを家に置いておくのではなく、レンタルルームといった倉庫に預けるといった使い方をされる方が多いです。次に多いのが、ゴルフバックや釣り道具、キャンプ用品等、レジャーやスポーツ用品を預ける方です。キャンプ用品は、グリル用のコンロや、テントや寝袋一式と結構量が多いのです。しかも、5月頃から10月頃までしか活躍する機会がないので、家の中に置いておくと、1年の半年以上がデッドスペースになってしまいます。日本の住宅事情は、都心になればなるほど、充分な土地を確保するのが難しくなっています。その為、このようなデッドスペースがあると、家がさらに狭くなってしまい、家の居住空間の確保がより困難になってしまいます。そんな問題を解決すべく、トランクルームを活用する方が増えています。大事なことは、レンタル料金をいかに安く抑えるかということです。1年の大半を倉庫に預けることになる場合もあり、レンタル料金も、軽視できないような料金になることもあります。1円でも安くするには、インターネットの比較サイトを活用して、格安な会社を探すことが大事です。相模原には、多くのトランクルームがあり、お得な料金設定をしている会社も多々あります。そういった会社の中から、お近くの倉庫を借りることが重要です。

トランクルームの種類

トランクルームの種類としては、屋内型と屋外型の2種類に分かれます。屋内型は、ビルの一室や、ビルのワンフロアー内、さらに、マンションの共有部分に倉庫がるというもので、屋外型は、外の更地にコンテナが置いてあるようなタイプです。屋内型のメリットは、なんといってもセキュリティーが高いことです。24時間防犯カメラが作動していたり、警備管理室が設置されていたりと警備体制が万全なところが大きな魅力です。また、屋内な為、空調設備が整っているところも多くあります。その為、気温や湿度の影響を受けやすい美術品や、デリケートな衣類等を安心して預けることができます。その反面、料金設定は、屋外と比べて高めに設定されているので、倉庫に預ける維持費は高くなる傾向にあります。また、収納スペースについても屋外よりも小さいケースも多々あります。屋外型のメリットは、屋外に置いてあるコンテナなので、車でコンテナ倉庫まで荷物を運べることです。その為、日曜大工で使っている大きな工具とか、自転車、ベビーカー等、手で運び込むのが大変なものを預けるのに向いています。デメリットは、屋外にあるので、誰でも敷地内に入れてしまうのでセキュリティーの面では、屋内に比べて低くなってしまいます。相模原には、屋内、屋外問わず多くのトランクルームがあります。格安な料金設定のものもあるので、ご自身の用途や目的にに合わせて借りるトランクルーム 格安を決めることが重要です。

トランクルームの選び方

トランクルームの選び方としては、まずは、何を保管するのか、どれくらいの期間保管するのか、レンタル料金は、どれくらいなのか決めてから選ぶことが重要です。何を保管するかについては、例えば、美術品のように高価なものなのか、衣類や布団のように気温や湿度の影響を受けやすいものなのか考える必要があります。先に述べたように、高価なものや気温や湿度の影響を受けやすいものであれば、屋内型のトランクルームを借りる必要があります。逆に、気温や湿度の影響を受けても、保管物への影響が少ない、日曜大工の工具とか、自転車、ベビーカー等は、屋外型のものが適しています。次に保管期間と料金について考えます。屋内型の場合だと、保管料金が屋外型に比べて高く設定されているので、保管期間が長く料金が予算を超えてしまうようだと、預けるメリットが薄まってしまいます。そういった場合は、家の中の預けるものを変更して屋外型に預けるなど、工夫して、予算内で預けられるようにすることが大事です。相模原には、多くのトランクルーム会社もあり、格安な料金設定をしているところもあります。どの会社にしようか、インターネット等の比較サイトを活用して下調べをしたら、契約をする前に、一度、現地に見に行くことをお勧めします。セキュリティーを重視しているようであれば、セキュリティー体制について、荷物の荷下ろしのしやすさを重視しているようであれば、利便性について重点をおいて確認することをお勧めします。

トランクルームに必要な費用・料金

トランクルームでの必要な初期費用としては、初月分の使用料金と翌月分の使用料金、さらに初月分と翌月分の管理費、事務手数料、鍵代、セキュリティー登録料、セキュリティ保証委託料等がかかります。相場としては、初期費用の3ヶ月から5ヶ月分がかかると言われています。初期費用とは、別で、倉庫の運営会社によっては、敷金礼金がかかるところもあるので、借りる前の契約時に、しっかりと確認することをお勧めします。初月分の使用料金については、月の途中から借りるような場合は、日割り計算になっているので、月のどこから借りても損しない仕組みになっています。また、この毎月の使用料は、様々なキャンペーンで割引されることがあります。例えば、広いスペースの倉庫を借りると、スペースに応じて、10%から30%割り引いてくれるキャンペーンや、キャンペーン期間中は事務手数料が無料といったもの等様々なお得な優待キャンペーンが開催されているので、こういったものを活用することで費用を抑えられます。トランクルームの費用というのは、保管期間が長ければ長い程、使用料が増えてゆき、費用負担が増えてゆくので、毎月の使用料をいかに安くするかがとても重要なことです。相模原にある、いくつかのトランクルーム会社の中から、格安な使用料を設定している会社を見つけるのに有効な方法は、インターネットの比較サイトです。使用料毎でまとめられているので、ご自身の予算内に収まる倉庫会社が必ずみつかります。